内灘~東金沢、乗車券

北鉄・IR「内灘->東金沢」連絡乗車券

北陸鉄道浅野川線の終点、内灘から北鉄金沢を経由して、IRいしかわ鉄道の金沢からの東金沢までの連絡乗車券です。北鉄金沢と、JR/IRの金沢駅までは徒歩3分ほどです。

内灘駅横にIRいしかわ鉄道連絡運賃の記載があったので、発売していると判断して購入したら、北鉄地紋の補充券です。IRの文字が入っているため、IRいしかわ鉄道の連絡乗車券専用のようです。
内灘駅で購入を希望すると年配の親切な駅員さんが一つずつチェックしながら手書きで発行。仕事の丁寧ぶりに思わず内灘駅の入場券も購入。北鉄に散財することに。

運賃は浅野川線と、IRいしかわ鉄道の合算で特に割引はなく、金沢駅できっぷを買う手間が省けるぐらいです。
なお金沢からのJR西日本に対する連絡乗車券はありません。

一方、存続問題で揺れる北陸鉄道石川線については、つい最近まで西金沢で接続するJR西日本との連絡乗車券が発売されていましたが、2023年3月に終了しています。

ここは日比谷線?銀座線?

03系その1
元東京メトロ日比谷線の03系がここでは2両で活躍しています。スノーブラウ装備は流石雪国

内灘線で現在主力となっているのはこの元東京メトロ日比谷線の03系です。日比谷線では8両編成でしたが、そのうち先頭車2両で編成を組んでいます。しかし号車札が日比谷線時代のままで、「1号車」「8号車」と、出自がわからない人にはかなり謎な号車表示となってしまいました。

行き先表示がフルカラー液晶になっていたり、東京ではありえない雪対策にスノーブラウをつけたりなど、オリジナルに比べるとかなりいかつい印象になりましたが、塗装がもとのままだとまさに日比谷線です。

03系
03系北鉄オリジナル色であるオレンジの帯をまいたもの。なんだけど個人的にはオレンジ帯は銀座線のイメージが・・・

帯が日比谷線カラーのものは1編成のみで、残りは北鉄オリジナルのオレンジの帯をまいています。
が、このスタイルでオレンジ帯というと、どうしても東京メトロ銀座線01系を思い出してしまうんですよね。。。自分は01系に慣れ親しんだ世代ですので、この車両を見た瞬間に、01系をもってきたのか?と思いっきり勘違いしてしまいました。

なお、北鉄金沢駅は地下駅です。このため、ここで写真を撮るとますます地下鉄感がアップしますね(笑)

 

この記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA